general 一般歯科

虫歯治療

こんな症状がある場合は早めにお越しください

  • 食べ物を噛んだ時に歯が痛い
  • 冷たいものがしみる、熱いものがしみる
  • 詰め物が取れた

このような症状の他に、以前よりも食べ物が歯に挟まりやすくなったり、チョコレートやチューイングガムなどの甘いものを食べているときに歯がしみる場合は虫歯が疑われます。

村尾歯科では予約されていない患者様も診療しておりますので、どうかお早めにお問い合わせ下さい。

村尾歯科の虫歯治療

患者さんに経済的なプレッシャーをかけない

歯の保存治療をメインに、保険診療の範囲内でも丁寧で確実な歯科治療を提供します。どうしても自費で行う必要があるときは、患者さんの希望をお聞きしながら納得していただける治療を一緒に決めていきます。

歯科治療にあまりお金をかけたくない、痛い治療は嫌だ、なるべく歯を削りたくない、歯を抜きたくない、神経を抜かないでほしい、何でもかまいません。
村尾歯科にいらっしゃったら、遠慮せずご希望をお聞かせ下さい。

根管治療

根管治療とは

根管治療は、簡単に言うと歯の根っこの中の治療のことです。
歯医者で神経を抜くという表現はポピュラーですよね。神経を抜いた後に、歯の根の中を消毒して被せ物をします。

こんな方は根管治療が必要になります

軽度の虫歯なら、神経を抜く必要はありません。虫歯が進行して、奥深くの神経まで達してしまっているから抜く必要があります。また、以前に神経を抜いた人が詰め物、被せ物をしていたらまたその根の中が汚れて痛む場合があります。神経が生きてるときは鋭い痛みがあしますが、神経を抜いた後は鈍い痛みが出てきます。特に痛みが出ない場合もありますが、悪化すると歯茎が腫れたり、歯茎から膿が出てくることもあります。放置すると抜歯に繋がってしまいます。早めに歯医者さんで診てもらうとよいでしょう。

根管治療は保険適用なのか

根管治療も保険の範囲内でできます。マイクロスコープを使う歯医者さんは自費で治療すると思いますが、レントゲンを見ればその患者さんの治療履歴がわかりますし、マイクロスコープが無くても丁寧に治療すれば良い歯科治療を提供できます。

歯周病

歯周病とは

歯周病は、歯茎に炎症が起き、重度になると骨が溶けてしまう怖い病気で20代頃から徐々に歯周病の症状が出てきます。

歯茎から血が出たり口臭が出てくるのが主な特徴ですが、口臭に関しては自覚症状がないことが多いです。

歯周病は治るのか

歯肉炎(歯茎の表面的な炎症)の時はブラッシング指導と歯石の掃除でかなり改善します。歯茎の炎症が慢性的に続いてると、歯を支える骨が溶けてきて歯がぐらぐらしてきます。放置していればもちろん進行していき、やがて抜歯する運命となります。重度の歯周病はそこから完治することは難しく、その状態を維持するしかありません。

ご自身のブラッシングや歯石の掃除で歯周病の進行を食い止めることはできますので、継続的に歯医者さんへ行きましょう。

こんな症状は歯周病かも

  • 歯茎の腫れ
  • 歯茎がぶよぶよする
  • 歯磨きなどで歯茎から血が出る
  • 歯がぐらぐらする

歯を失う原因で最も多いと言われているのが歯周病です。仕事で忙しくて定期的に歯医者に通えなくて困っているという方もいらっしゃると思います。歯周病は生活習慣が大きく関係しているので、頻繁に歯医者に行けなかったとしても患者様の努力次第では改善される病気です。将来歯を失わないために20代、30代の若い頃から意識しましょう。